You are here
憧れる!ダイヤモンドをあしらった結婚指輪が人気

憧れる!ダイヤモンドをあしらった結婚指輪が人気

宝石をあしらった結婚指輪はダイヤモンドが人気

結婚指輪は宝石をつけない指輪も多いですが、もちろん綺麗な宝石をあしらって作ることもあります。結婚指輪で使われるもので最も人気が高いのがダイヤモンドです。やっぱりダイヤモンドの指輪には憧れてしまいますよね。結婚指輪では、ダイヤモンド以外にも誕生石の宝石にも人気があります。ダイヤモンドは4月の誕生石ですが、それ以外にもエメラルドやアメジスト、サファイヤ、ルビー、トパーズなど、有名な宝石が多数あります。結婚指輪はこうでなければならないという決まりはありませんので、好みで選びましょう。


ダイヤモンドは4Cで選ぶ

ダイヤモンドは宝石の中でも最高の硬度があり、どうやっても壊すことができないということで、結婚指輪としては縁起のよいものと捉えられています。ダイヤモンドは4Cと呼ばれる基準で評価されることが多いですので覚えておきましょう。4Cとは、重さや大きさを表すカラット、色を表すカラー、透明度を表すクラリティ、形を表すカットの頭文字をとったものです。ダイヤモンドのグレードと価格とのバランスで最適なものを選びましょう。


ダイヤモンドの指輪は家事のときどうする?

結婚指輪は常に身に付けるものですので普段の使い勝手も重要なポイントとなります。特に女性は普段のお料理やお掃除など家事のときにどうするかという問題があるのです。やはりダイヤモンドの指輪は、扱いが慎重になりますよね。実際にダイヤモンドをあしらった結婚指輪を持っている人は、家事のとき外す場合がほとんどで、家の中ではずっと外していて外出するときだけつけていくという使い方も多いです。ダイヤモンドはメンテナンスが重要となるという事を覚えておきましょう。



結婚指輪とは、結婚を約束した男女がお互いに贈り合う指輪のことです。指輪の素材はプラチナで、お互いに左手の薬指につけることが一般的です。

Related posts