You are here
家族のみを招待!?人数の少ない家族婚で気をつける事とは?

家族のみを招待!?人数の少ない家族婚で気をつける事とは?

しっかりとメリハリをつけよう!

家族しか招待しない家族婚だからといって、ゆったりご飯を食べるだけになってしまったり、普段の雰囲気と変わらない式になってしまわないようにしましょう。結婚式であるという事をしっかりと自覚を持って行わなければいけません。宴が始まる際には、新郎からの挨拶を行ったり、乾杯する際には、家族代表として父からの挨拶を行ったりすると良いです。また、服装も普段着で集まってもらうのではなく、フォーマルにしてもらうと良いでしょう。


おもてなす立場だということを忘れずに!

家族婚での主役は新郎新婦の2人です。しかし家族婚の場合は、二人の結婚を一番喜んで欲しい家族だけをゲストとして招いて行われるものです。新郎新婦から両親や兄弟姉妹に向けて、普段の感謝などを伝えなければいけません。家族をもてなす側と思って行うことが理想でしょう。大人数の結婚式の場合は、注目の的として式に出席する場合が多いのです。少人数の場合は、自分たちだけが注目を浴びるという事は、あまり考えない方が良いでしょう。


必ず全員と触れ合い、会話しよう!?

大人数の結婚式の場合は、全員に挨拶をして、招いたお礼をするためには、一人一人と話すことができないでしょう。何個かあるテーブル席ごとに挨拶をする程度になってしまうこともあります。しかし、家族婚の場合は、人数が少ないので、一人一人と話す時間をとる事は必ずと言っていいほど可能です。一人一人に感謝の気持ちを述べたり、写真撮影などを行うと良いでしょう。家族だけが知っている思い出話に発展して盛り上がることも考えられます。



家族婚を選ぶ人が増えています。本当に大切な家族だけで行うことで絆を強くできることと、費用を節約できることも魅力です。ハワイなどのリゾートへの旅行を兼ねて行うことも多いです。

Related posts